1. トップページ
  2. インフォメーション
  3. コラム
  4. 【コラム】第85回 「失敗の受け止め方でその後の成長が決まる」
コラム

【コラム】第85回 「失敗の受け止め方でその後の成長が決まる」

ビジネスにおいて失敗は不可避であり、ある面、必要不可欠ともいえる。なぜなら、失敗とは「自己理解」のまたとない機会だからだ。しかし、誰にとっても失敗は精神的痛手を伴うものであり、できれば避けたいものである。それゆえ、失敗したときの反応は人それぞれ、様々な反応となって表われる。ハイパフォーマーといわれる人たちを見ていると、しっかり自分事として受け止めていることが分かる。

失敗をした時の反応として一般に多く見られるのは、「自己正当化」とういう反応だ。「大したことではない」、「想定内のことだ、おおよそ思ったとおりに進んでいる」、「そうそううまくいくものではない、やっていることはそんな簡単なことではない」等々。矛先を他人に向けることもある。「自分はうまく進めたが、○○君がしくじってこういう結果になった」、「自分がすべてひとりでやっていればこんなことにはならなかったが、チームでやっている以上仕方がない」。仮に失敗であったと認めた場合でも、「今回の失敗は不可避だった」、「自分だから、これくらいの損失で済んだのだ。他の人だったら、こんなもんじゃ済まない、私が担当していてよかった」などと言う。

こうした反応を繰り返していては、決して前進することはない。他人のせいにするなど、ひたすら自己正当化して、自らの心理的ダメージを軽減することができたとしても、そこからの学びは何一つない。周囲や顧客の信頼を損ねるだけに終わる。そもそも、なぜ、「想定内」などと言いたがるのだろうか。失敗した時の気持ちとしては、対面的なことが大きい。恥ずかしいとか、悔しいという感情が先に立つ。それゆえ、強がりを言いたくなるのだ。弱さゆえにそれを認めることができない。端から見れば明らかな失敗でも、なんとか取り繕おうとする。しかし、取り繕えば取り繕うほど、周囲の信頼を損ねるし、自分自身でも失敗のイメージが色濃く残ってしまう。次に同様の状況に直面した時も、失敗のイメージしかないので、真正面から立ち向かえない。失敗から逃げてしまったことで、似通った状況からことごとく逃げてしまうことになるのだ。

一方で、失敗を「学びの機会」と捉えられることができる人がいる。「ここで何かを学べということだ」というような反応だ。こういう人は成長に対して貪欲であり、それゆえ経験重視なのだ。こういう人にとっては、失敗は貴重な経験の一つとなる。現在よりも将来に目が向いている。失敗して恥ずかしいという今現在の思いよりも、将来飛躍できるようにここからしっかり学んでおこうという思考なのだ。こういう人に特徴的なのは、失敗ということに心理的に過度な反応をせず、失敗から目を背けることもなく、大きなダメージを受けるわけでもなく、一つの事実として受け止めるということだ。自分の立場などはいったんさておき、客観的に事実を見ることができる。

ハイパフォーマーの人たちを分析していて分かったことは、失敗を受け止めることが楽観性とセットになっているということだ。つまり、深刻になり過ぎずに比較的さらりと受け止めることができるということだ。感情面はスルーし、事実だけ受け止めるため、必要以上にダメージを受けない。「ビジネスは所詮ゲームだから」という意見はハイパフォーマーの人たちから幾度も聞いたことがある台詞だ。仕事に対して真剣に取り組んでも、深刻にはなり過ぎない。「最悪でも、会社を首になるくらいなもの」といった割り切った考えなのだ。

失敗を自分事として受け止め、失敗から学ぶことで、行動は改善される。同じ状況が起きた場合に、二度と同じ失敗は繰り返さず、適切に対処できるようになる。それにより自信が形成され、さらに困難な課題にチャレンジできる。失敗しても、再度失敗から学べる。そのようにして経験値はどんどん高まり、実力はレベルアップしていく。また、責任逃れをしないそのような態度は周囲から好感を持たれ、信頼は高まっていく。一方、失敗した時に受け止めずに流してしまったり、他人のせいにしたりする場合、同じ状況が起きた場合、また同じ失敗を繰り返すこととなる。「同じ失敗を繰り返す」という言葉は、デキない人の代名詞的な言葉だが、失敗を自分事として受け止めないという行為からそのような状況は始まることになるのだ。

もう一つ大きな問題として、自らの非を認めない人の場合、失敗しない得意な面のみが伸びていくということがある。そしてやがて偏りが大きくなる。ミドルになっても安定感を欠くようなタイプの多くはこのタイプだ。失敗してもそこから学ばず、また、失敗しそうなことへのチャレンジは避けるようになるので、その面の能力はいっこうに養われないままキャリアを歩んでいくことになる。

プライドが高く、コンプレックスも強いというタイプはこうなるリスクが高い。このタイプは、自信を持ちたい、周囲に優秀だと認められたいとの思いが強いため、自分が得意だと分かっている能力を確認できることだけをやるようになり、自分の能力に疑問を抱く恐れのあることを避けるようになる。社会心理学者のハイディ・グラント・ハルバーソンは、このようなタイプを「証明型」の人としている。失敗から学べる成長意欲の高い「習得型」との対比で使っている。

失敗を受け止め、失敗から学ぶためには、楽観性とともに、自分は「試作品」であるという謙虚さが必要ではないだろうか。自分を「完成品」と思うか、「試作品」と思うかで大きな違いが出てくる。「試作品」と思えば、様々な実験やシミュレーションを通して完成度を上げていくという発想になるであろう。完成品へ近づけていくためには、失敗はなくてはならない機会なのだ。



プロフィール

元マーサージャパン株式会社 代表取締役副社長。マーサー社ではコンピテンシーに基づく人材の評価、選抜、育成および組織開発に関わるプロジェクト、日系企業海外現地法人の現地化推進等のコンサルティングのほか、コンサルティングノウハウのITプロダクト化、提携戦略等による新規事業開発に従事。現在は、継続性と実効性を確保できるマネジメント手法の開発および普及に力を注ぐ。著書に、『会社人生は評判で決まる』(日本経済新聞社)、『コンピテンシー活用の実際』(日本経済新聞社)、『チームを活性化し人材を育てる360度フィードバック』(共著、日本経済新聞社)、『図解戦略人材マネジメント』(共著、東洋経済新報社)ほか。日本人材マネジメント協会(JSHRM)幹事等を歴任。

写真:南雲 道朋(なぐも・みちとも)
株式会社HRアドバンテージ代表取締役社長
相原 孝夫(あいはら・たかお)

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

お問い合わせ

人事に関する情報が満載メールマガジン配信中

メールマガジン登録