1. トップページ
  2. お客様事例
  3. Quick Scan Feedbackの事例
  4. ミドルマネジャー層のレベルアップ

ミドルマネジャー層のレベルアップ

ミドルマネジャー層のレベルアップ

業種:機械 / 従業員数:6,000名

背景

90年代に人材採用を抑えていたこともあり、マネジャーに昇格以降も部下なしのままであった者が多く、3年前からの新卒採用本格化以降、はじめて部下を持つことになったマネジャーが多く存在する。これまで、コーチング研修やリーダーシップ研修を実施してきたが、うまくチームマネジメントできているマネジャーはごく少数であり、相変わらず個人差は極めて大きく、全体の底上げには至っていない。

目的

会社としてミドルマネジャー層に期待する行動を具体的に明示し、定期的にアセスメントをおこなうことを通じて、それらの行動を常に意識し続ける状態をつくりあげること。
周囲からの継続的なフィードバックを受けて自分自身の行動を定期的に振り返り、今後のアクションを考えるというサイクルを回すことを通じて、マネジャーとしての基本行動を習慣化すること。
部下の立場の人たちを多数評価者として参画させ、繰り返し設問に回答させることを通じて、マネジャー一歩手前の中堅社員に対して、自社のマネジャーに求められる行動をすり込むこと。

実施方法

リーダーシップ、コミュニケーションなど、マネジャーとしての基本行動に焦点を当てた15問で設問を設定。
課長クラス全員に対して、『Quick Scan Feedback』を活用し、本人および部下・同僚・上司によるアセスメントを2ヶ月に一回実施し、即時フィードバックをおこなった。

効果

回数を追うごとに、全体の7割以上の対象者は徐々に行動レベルが向上し、マネジャーとして必要な行動の習慣化がなされた。
データを因子分析することで、重要ファクターを特定することができ、育成方針の絞り込みが可能となった。また、ミドルマネジャーをタイプ分けすることができ、タイプごとの育成方針を立てることが可能となった。
各職場において、周囲を巻き込んでの取り組みであったことから、対象者が発揮を期待されている行動を皆が共有していることで、そうした行動を発揮しやすい環境がつくられた。

 

Quick Scan Feedbackについてはこちら

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

お問い合わせ

人事に関する情報が満載メールマガジン配信中

メールマガジン登録