1. トップページ
  2. サービス内容
  3. 関連FAQ
  4. 360度評価について
360度評価について

Q5. 360度評価実施の「煩雑さ」を低減させるにはどうすればよいのでしょうか?

実施規模にもよりますが、対象者数が50名以上になる場合には、評価者数は数百名単位となりますので、システム化が不可欠です。特に継続的に実施する場合には、評価の回収だけではなく、集計、表示までを含めた全プロセスの自動化が望まれます。また、異動に伴う評価者の更新についても、実施規模が大きくなれば、事務局でそれをおこなう場合には大きな労力が発生することになります。この点については、対象者である被評価者に、評価者の選定と更新を委譲することが一つの解決策となります。つまり、評価者を被評価者本人に選定させ、その更新も被評価者に任せることで、この点の煩雑さは分散されることになります。

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

お問い合わせ

人事に関する情報が満載メールマガジン配信中

メールマガジン登録