1. トップページ
  2. サービス内容
  3. 関連FAQ
  4. 360度評価について
360度評価について

Q9. 設問数は何問くらいがよいのでしょうか? また、評価者数は何名くらいが妥当でしょうか?

これもQ8と同様に「会社目的」と「個人目的」とで異なります。年に一回各人の適性を把握するという目的で実施する場合には、網羅的なアセスメントが必要となりますので、30問~50問程度の設問が必要となります。一方、個人の育成目的の場合には逆に、設問数が20問を超えてしまう場合、覚えきれず、フィードバックされても受け止めきれないため、かえってアクションが起こるまでに時間が掛かってしまうことになります。したがって、対象者各人の行動の改善を促す目的で実施する場合には、10問~20問くらいが妥当です。評価者数については、客観性の観点から最低3名は必要であり、6名以上設定できれば望ましいといえるでしょう。

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

お問い合わせ

人事に関する情報が満載メールマガジン配信中

メールマガジン登録