1. トップページ
  2. サービス内容
  3. e-Competency(コンピテンシーモデル自動構築ツール)
  4. アウトプット

アウトプット

コンピテンシーモデル完成

職種ごとに必要なコンピテンシーが割り出されると、次に、それらのコンピテンシーが通常どのような行動になって発揮されるのか、職種ごとの行動指標がデータベースから抽出されます。

コンピテンシーモデル 過去のプロジェクトを整理した膨大な行動例を掲載
当該モデルにおける高業績者を特定し、Webによるアンケートにかいとうしてもらう。(3名以上が望ましい)当該モデルにおける高業績者を特定し、Webによるアンケートにかいとうしてもらう。(3名以上が望ましい)

コンピテンシーが確定すると、それらをもとにしたコンピテンシー行動評価シートが自動生成されます。評価するうえでの5段階の評価尺度が、それぞれのコンピテンシーごとにプリセットされており、コンピテンシーに合わせて表示されます。

  • 各コンピテンシーモデル毎に、評価表が自動生成されます。(エクセルでダウンロード可能)
  • コンピテンシー、行動例、ならびに評価基準が自動的にセットされた評価表が作成されるので人事考課表や人材育成のためのチェックリストとして活用いただけます。

コンピテンシー自己診断

「コンピテンシー自己診断テスト」を使うことで、従業員各人のコンピテンシータイプを知ることができます。

Webアンケート形式による自己診断が可能
自己診断結果と、作成されたコンピテンシーモデルを比較し、適合度会を把握(配置、育成などに活用)作成された7つのコンピテンシーモデルと自己診断結果のマッチング度合いを判定自己診断結果から本人の強み弱みが把握。各次元・分野ごとの特徴を把握できます。

自己診断テストの結果をいずれかのコンピテンシーモデルと照合することで、マッチング度合い、およびカテゴリー別のギャップを見ることができます。これらは、人材の採用や配置、育成上の有用なデータとなります。

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

お問い合わせ

人事に関する情報が満載メールマガジン配信中

メールマガジン登録