1. トップページ
  2. サービス内容
  3. Quick Scan Feedback(多面評価・360度評価ツール)
  4. 手法

手法

フィードバックの流れ

360度フィードバック(360度評価、多面評価)の流れ

STEP 1
被評価者の選定・
設問内容等の設定
STEP 2
評価者の選定
STEP 3
評価(アセスメント)
STEP 4
フィードバック

設問

360度フィードバック(360度評価、多面評価)での設問

  • 設問内容を目的に応じて自由に設定できます。
  • 行動アセスメント、およびフリーコメントによる回答。
  • ギャップ分析、および経過観察ができます。

360度フィードバック(360度評価、多面評価)の設問例

  • SAMPLE1
  • SAMPLE2

教育研修後にQSF(360度評価,多面評価)を実施し教育研修効果を定着させる

教育研修後にQSFを実施し、教育研修効果を定着させる 

育成効果

■教育研修効果を着実に定着させる■

教育研修を受講しただけの場合、その効果は時間の経過とともに薄れてしまいます。そのため、毎年教育研修を受講したとしてもそれだけでは効果は上がらず、人材価値はほとんど高まりません。教育研修効果を高めるには、研修内容が定着し研修効果が臨界点を超えるまで継続して意識付けを行うことが必要です。こうした継続的な意識付けを行うための仕掛けとして、継続的360度フィードバック(360度評価、多面評価)ツールである『Quick Scan Feedback』は非常に有効だといえます。

サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

お問い合わせ

人事に関する情報が満載メールマガジン配信中

メールマガジン登録